お風呂でダイエット

ダイエットと言えば半身浴、と想像する方も多いのではないでしょうか。少しぬるめのお湯を胸のみぞおちあたりまで張って20~30分程かけて入浴する方法ですが、ぬるめのお湯を使うにも関わらず非常に多くの汗をかくことが出来るので人気はあるようですね。

ですが半身浴がダイエットによいとされているのは何も汗をかけるから、というだけではありません。もちろん汗をかくことで老廃物を排出でき、肌も綺麗になりますがそれだけでは無く疲労回復とともに新陳代謝、基礎代謝の向上が狙えるのです。

ダイエットについて語る際に切っても切れないのがこの基礎代謝です。これは生活をするうえで必要不可欠で無意識に行われる運動によっての消化活動のことですが、汗をかくことがどう関係してくるのでしょうか。

答えは簡単です。まずこの基礎代謝を上げることで内蔵や筋肉の稼働量が大きく変わります。そうすることで少しの運動量でもカロリーの消化量というのは非常に大きく変わってくるのです。動かす部位も多ければガソリンとなる脂肪も消化しなければなりません。そうすることでダイエットに繋がるのです。

実際に入浴だけで減るとされるカロリーは50キロカロリー程度にしかならないと言われています。ですが半身浴をしながら家事をこなすだけでも大きく違う物なのです。半身浴がなぜダイエットに良いか、それを再び考え直してから取り組んでみると、効果を更に実感しやすくなるのではないでしょうか。

この半身浴という方法は健康な人という前提があります。お風呂に入るという事は少なからず体力も使うことなので体調が悪い時にはやめておきましょう。また水分を取ることも忘れずに!

半身浴の前にもしっかりとお水をのんでおいて、終わった後にももういちど飲んでおきましょう。痩せるためにはダイエットティーにしてみてもいいかもしれませんね。人気のダイエット茶TOP3はこれ

目標をもってダイエットに挑む

ストレス解消!と言い訳しながら、暴飲暴食を繰り返していたところ、すっかり太ってしまいました。

もともとは、160センチで47キロだったのに、気がつけば50キロを超えていました。

そんなある日、大好きなロックバンドのコンサートチケットが手に入りました。

コンサートでは、いつもずっと立ちっぱなしで、ぴょんぴょん跳ねています。痩せなければ、いつものように楽しむことができません。

そこで、心機一転、ダイエットを始めました。ダイエットの方法は、朝と昼はしっかり食べ、夜は野菜中心の軽めの食事で済ませるというやり方です。

そして、毎日の生活の中で、とにかく歩くようにしていました。食べた分は、きっちり消費し、脂肪も燃やさなければなりません。

朝の通勤時には、勤務先のふたつ手前の駅で降り、勤務先まで歩きました。勤務先や駅の階段も進んで使いました。

自宅に帰ってからは、夕飯を済ませた後、一時間ほど歩きに出かけました。予定がない休日には、朝晩の一日二回、一時間づつ歩きました。

そして、ひと月半かけ三キロのダイエットに成功しました。秘かに計画していた白いスキニーパンツをはき、コンサートに行くことができました。

確実に痩せる運動方法ってあるの?

roadrun.jpgのサムネイル画像ダイエットには様々な方法がありますが、運動で痩せるというのが体にとって最もメリットのあるダイエット方法です。

痩せるだけでなく程よく筋肉もついて、美しい痩せ方ができます。その中でも最もダイエットに適した運動方法は「走ること」です。

人間できるだけ楽して痩せたいと思うものですが、ダイエットに近道なし、走って痩せるのが一番効率的で一番確実です。

運動が苦手な人はウォーキングでも大丈夫です。ただし、外を歩いたり走ったりするのは強い意志が必要なのでランニングマシーンを使いましょう。

市営のジムなどに行けば1回数百円で利用できるのではないでしょうか。これなら床が勝手に動いてくれるので意志の弱い人でも問題ありません。

また道路を走るより安全ですので音楽を聴きながらやスマホを触ったりしながらでも運動が可能です。

走るスピードはゆっくりでかまいません。速さより走っている時間のほうが大切です。時速6キロくらいのペースでかまいませんのではじめは15分くらいから、徐々に時間を延ばして30分くらいまでは走れるようにしましょう。

運動が苦手な人でも時速6キロくらいで走ることは可能です。普段も大体時速4キロ~5キロで歩いているので。

繰り返しになりますがダイエットに近道なし。地味ですが確実に痩せていきましよう!!

ストレスフリーで肥満予防

2014y02m28d_170312943.jpgダイエットする際にストレスを多く抱え込んでしまう人はストレスを感じにくい人と比べて痩せにくいというデータがあります。

心が健全で解放された状態で物事に取り組む時と抑制されてストレスを感じている時とでは、結果が大きく違います。

ダイエットでは時に根性論的な粘り強さは必要ですが、ダイエットしている事が大きなストレスになってしまうと、長続きしません。

なぜならばダイエットは生活習慣を改善し、美しくなることが目標なので一時的に頑張り過ぎるという事は本末転倒です。継続が重要です。

ナチュラルな感じで頑張れることが必須です。まずダイエットをする際に、そのダイエット法が自分にとって、どれだけのストレスになるかを考えて下さい。

若干のストレスを感じるが、問題なく半年間は実施出来そうというのが理想です。そしてストレスを感じなくするようにダイエットに楽しい要素を織り交ぜて下さい。

例えばエンタメが好きな人であれば、1ヶ月頑張れれば吉本のお笑いライブに行ける、2ヶ月頑張れれば劇団四季の舞台を観れる、3ヶ月頑張れればシルクドソレイユに、などの具体例を上げて実施して下さい。

そうすることで、ダイエットする事がストレスではなくて、ダイエットの向こう側にあるご褒美に気持ちを向けれるので、ストレスになりません。

自分の中で飴と鞭を上手く使う事がダイエット成功の秘訣。けれども、ご褒美欲しさにダイエットを頑張りすぎないようにだけは注意して下さい。

本来の目的は美しくなる事。くれぐれも目的をゆがめないように。楽しく美しく生きるためにダイエットするのですから。

食事改善でダイエット

世の中いろいろなダイエットがあふれる中、簡単ですぐにでも痩せられそうなダイエットに飛びついていました。

しかし、1~2キロ痩せた後は長~い停滞期に突入してしまい、後は何となく断念してはまた新しいダイエットに挑戦するの繰り返しばかりが続きました。

こんなことではいけません!地道だけど着実に続けられる方法に挑戦しようと決意して、身近な食材の食べ合わせを変えることしました。

食べ合わせのルールというのがあって、食物繊維は糖質の吸収を抑える、ビタミンB1とB2は糖質の消化を促し、脂肪を燃焼させる、海藻類を食べて脂肪の蓄積を押さえるの3つのルールをできるだけ守ように努力しました。

ハンバーグには海藻サラダをプラス、ナポリタンにはグレープフルーツゼリーを一緒に食べるなど、無理な我慢はしないようにしました。

節約も兼ねて外食もできるだけ控えるようにしました。筋肉を作って痩せやすい体質にすることも大切とあったので鶏肉やネバネバの食品を多く取り入れました。

栄養士さんが考えた献立を参考に3ヶ月頑張ってみました。約4キロの体重減でワンサイズ小さいパンツを購入できるようになりました。

痩せやすくするためのダイエットサプリ

ダイエットに無理は禁物

ダイエットは無理をしても続きません。これは私の体験談として断言できることです。私はその昔、体重が100キロあるおデブでした。

その状態で暮らしていたところ、生活に不安が出てきたので、ダイエットをすることにしました。生命の危機からくるダイエットだったので、かなり必死で、一ヶ月で15キロは痩せたと思います。

しかし、その痩せ方は、自分を追い詰めて食事を切り詰めて、運動を激しく行う地獄のダイエットでした。結果的に、自分を追い込みすぎた反動からリバウンド状態に落ち込んで、4キロ程度しか痩せたことになりませんでした。

その後は、いろいろな理論を読んで、炭水化物ダイエットを行ったり、手頃な運動から始めたりして、落ち着いたダイエットをしたところ、体重がゆるやかに減る代わりにリバウンドは無く、健康的にダイエットする事が出来ました。

直ぐに痩せなければダメだと思い込んで、激しいダイエットで自分を苦しめている人は多いと思います。ですが、そうしないで、自分に合ったダイエットペースを見つけることこそが、ストレス無く痩せる方法なんです。