ストレスフリーで肥満予防

2014y02m28d_170312943.jpgダイエットする際にストレスを多く抱え込んでしまう人はストレスを感じにくい人と比べて痩せにくいというデータがあります。

心が健全で解放された状態で物事に取り組む時と抑制されてストレスを感じている時とでは、結果が大きく違います。

ダイエットでは時に根性論的な粘り強さは必要ですが、ダイエットしている事が大きなストレスになってしまうと、長続きしません。

なぜならばダイエットは生活習慣を改善し、美しくなることが目標なので一時的に頑張り過ぎるという事は本末転倒です。継続が重要です。

ナチュラルな感じで頑張れることが必須です。まずダイエットをする際に、そのダイエット法が自分にとって、どれだけのストレスになるかを考えて下さい。

若干のストレスを感じるが、問題なく半年間は実施出来そうというのが理想です。そしてストレスを感じなくするようにダイエットに楽しい要素を織り交ぜて下さい。

例えばエンタメが好きな人であれば、1ヶ月頑張れれば吉本のお笑いライブに行ける、2ヶ月頑張れれば劇団四季の舞台を観れる、3ヶ月頑張れればシルクドソレイユに、などの具体例を上げて実施して下さい。

そうすることで、ダイエットする事がストレスではなくて、ダイエットの向こう側にあるご褒美に気持ちを向けれるので、ストレスになりません。

自分の中で飴と鞭を上手く使う事がダイエット成功の秘訣。けれども、ご褒美欲しさにダイエットを頑張りすぎないようにだけは注意して下さい。

本来の目的は美しくなる事。くれぐれも目的をゆがめないように。楽しく美しく生きるためにダイエットするのですから。